CATEGORIES

人気ブログランキングへ

おすすめホラー
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
qrcode
<< 壁男 | main | 神の左手悪魔の右手 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 ディセント

1年の大場です。よろしくお願いします。

今回観た映画は「ディセント」(原題 The Descent)です。

大場の評価:★★★★☆
部員平均点:★★★★☆(4,4)

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/94/ae17b0d8ccb0783aea884be2324fed6a.jpg

□あらすじ
交通事故で夫と一人娘を失ったサラ(シャウナ・マクドナルド)は、思い切って友人たちが企画した女だけの冒険旅行の誘いを受けることにした。冒険マニアのリーダー、ジュノ(ナタリー・メンドーサ)が企画した今年の冒険は、アパラチア山脈のチャトゥーガ国立公園内の洞窟探検だった。ジュノは山道をかなり歩いた森林地帯の奥に大きく口を開けた巨大な洞窟へと一行を導いた。サラら6人は大自然が作り出した幻想的な風景に魅了され、さらに洞窟の奥へと足を踏み入れていく。だが、人間が一人通れるほどの穴を抜けて次の地点へ出ようとしたとき、サラがその穴に挟まって抜けられなくなってしまう。ベス(アレックス・リード)は錯乱状態になりそうなサラを落ち着かせ、どうにかサラの体を抜くことに成功するが、次の瞬間崩落が起きてその穴は塞がれ、出口が閉ざされてしまう。さらに悪いことに、ジュノは洞窟の出入り口が書かれたガイドブックを持ってきていなかった上、洞窟探検に必須の役所への申請を怠っていた。申請を出しておけば彼女たちが戻らなかったときに捜索隊が出してもらえたのだ。それどころか、ジュノが一行を連れてきた洞窟は、有名な洞窟ではなく、まだ名前さえ付いていない前人未到の洞窟だった。もはや、捜索隊は期待できない。彼女たちは自力で出口を見つけるしかない状況に追い込まれたのだった。ジュノは迷路のような洞窟の中、風の流れを見ながら出口を探して一行を先導。奥へ進むに連れ、洞窟は起伏が激しくなり、危険が増す。やがて、言い争いから仲間割れが発生、命綱である照明の電力も残りわずかとなる中、さらに想像を絶する過酷な試練と恐怖が彼女たちに襲いかかる。
(goo映画引用)


b8022692dc4937005ce6102bf658bd1d.jpg

img1_1146309402.jpg


□感想

だいぶ怖かったです。途中までは大自然の恐怖が前面に押し出されているんですが、中盤以降からは雰囲気がガラリと変わってパニックホラーになります。グロもあり、精神的に応えました。

閉所での未知との遭遇……もし自分がその立場に置かれたらと思うと、ゾッとするどころではなかったです。

洋ホラー映画としてはきっと傑作の部類に入るかと思います。でも救いのある映画とは言いがたいので(ホラー映画全般に言えることですが……)、見終わったあと、スッキリとした気分には絶対になれません。

グロとかバケモンとかが出てきても平気な人にはお勧めの映画です。


□他部員感想

ふなやまさん:★★★★★ 恐い頂点的に夏休み前に飲み会で(^ω^)うまうま

あじきさん :★★★★☆ こわかったしグロかった。ストーリーもけっこう好き。

ともひろさん:★★★★☆

ゆみさん  :★★★★☆ いやー、いいねー。いたかったけどEDがホラーで好きですね。

ちえみさん :★★★★★ 地底人がでる前からこわかった! わたしはきそう!

まみこさん :★★★★★ 吐き気がすごい。映画としては100点。

めぐみさん :★★★★☆ おもしろかったです。怖さよりハラハラドキドキでした。

あんなさん :★★★★☆ 怖いってよりハラハラした。面白かったです。

そうさくさん:★★★★★ 地底人怖すぎ。洞くつには入りたくないと思いました。


| 洋画た行 | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - |









http://666-tuad.jugem.jp/trackback/42