CATEGORIES

人気ブログランキングへ

おすすめホラー
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
qrcode
<< レビュー:心霊写真部 弐限目 | main | エクトプラズム 怨霊の棲む家 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 レビュー:恐怖
あけましておめでとうございます。
川崎です\(^o^)/
遅くなりましたが、ほの暗い水の底からのレビューにコメント下さった方ありがとうございました!

それでは新年初めの映画レビューです!


【恐怖】



川崎の評価 : ★★☆☆☆
部員平均点 : ★☆☆☆☆

■あらすじ
世界を震撼させたJホラーシアター、ついに完結!20世紀末から現在まで、全世界を席巻した“Jホラー”と呼ばれる恐怖映画。ハリウッドでリメイクされた『リング』『仄暗い水の底から』『呪怨』を世に送り出してきた一瀬隆重プロデューサーが、自らJホラーを総括すべく放つ最新作、それが『恐怖』である。かつて誰も取り組んだことのない、まったく新しい恐怖の領域に踏み込んだ野心作を完成させた。また本作は、『ソウ』シリーズなどで知られるライオンズゲート社による全世界配給も決定、再びが世界を制覇する!


■感想
う〜ん、難しい。の一言。
考えれば考えるほど面白いんだけど、途中で頭爆発しちゃいそうになります。
本当に「恐怖」っていうものを考えていったら行き着いた感じ。
幽霊が出れば怖い、と言うわけではなく人間の脳を使って恐怖というものを知ろうとする現実的な部分がある映画です。

わたしにはよくわからん\(^o^)/w

脳が見せる現実とはまた違った部分。
映画の中の言葉であった、「私たちは見ているのではなく、見られていたのよ」という言葉が印象的。
たぶんこの映画は一度見ただけだとわからない部分が多い映画です。

なんども見たらきっとわかる、はず…?

幽霊の怖さ、ホラー的驚きを求めるならオススメしません。大衆向けではないと思いました。
本当にホラーが好きな人ならば見てみては?
見た方のコメント待ってますw
わたしももっかい見てみます\(^o^)/



■他部員感想
あーさ(★1)よくわからない!!深層心理に働きかけるような感じがありましたが結局理解できず。

ちえみ(★2)深い!!「恐怖」という感情をなぜ抱くのか、何に抱くのか。考えさせられた作品でした。個人的に霊がバンバン出る映画の方がやっぱり好きですね。

爽咲(★1)最初のスプラッタシーンに精神力を削ぎ取られ後の内容がイマイチ頭に入らなかった。
| 邦画か行 | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| - | 02:14 | - | - |









http://666-tuad.jugem.jp/trackback/32