CATEGORIES

人気ブログランキングへ

おすすめホラー
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
qrcode
<< レビュー:ボイス | main | レビュー:ミラーズ2 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 レビュー:隣の家の少女
JUGEMテーマ:映画

はじめまして。
1年の五十嵐和恵です。
今回、部員のみなさんに「ねえレビューってどうやんの?どう書くの?」と聞きまくりました。

がんばって書こうと思います。


映画のタイトル「隣の家の少女」

五十嵐和恵の評価:★☆☆☆☆
部員平均点:★★☆☆☆

監督:グレゴリー・ウィルソン
脚本:ダニエル・ファランズ
    フィリップ・ナートマン



■あらすじ
1958年、小さな街で暮らすデイヴィッドの隣家にニューヨークから姉妹が越してくる。
2人は家庭の事情で叔母にあずけられており、デイヴィッドは姉のメグとすぐに打ち解ける。
しかし、しだいにデイヴィッドは、メグが叔母とその息子達に虐待されていることに気づきはじめ・・・。

■感想
見終わったあとの後味がとても悪かったです・・・。
それに、劇中日にちがどんどん進んでいくせいか、
時間の経過がよくわかりませんでした。
キャラクター達の関係も、
把握するまで少し時間がかかってしまいました。

全体的にホラーっぽくはないのですが、
「人間の怖さ」が表れている映画だと思います。

■他部員の感想
・多人数で見るよりは少人数で見たほうがいい映画、考えさせられます。
・最後の終着のさせ方の後味が悪かった。
・すんごい、精神的にダメージが来たー。この映画ひどい、てかルースひどい。
 でも、いい映画な気もするよー。
・ほんとやだ!あとあじわるい。主人公の子はかわいかった。
・メグがせめて救われればなあ・・・。なんかくそやー
・よく分らなかった。思うところも特になかった。
 どうやら肌に合わなかったようです。
・全員キチガイだと思ったね。キチガイだよ。わかるかい?頭がおかしいってことだよ。
・原作と少し内容が違っていたのが残念でした。
・映画としてはかなり良い。でもホラーの区分ではなかったですね。
 女としては「うわぁぁ」ってなります。痛い映画。
 




| 洋画た行 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - |









http://666-tuad.jugem.jp/trackback/26