CATEGORIES

人気ブログランキングへ

おすすめホラー
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
qrcode
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 エクトプラズム 怨霊の棲む家
JUGEMテーマ:映画
 
お久しぶりです。副部長高橋です。
1月は忙しいですねー。周りの人間は死にかけばっかりですよ。

今週の活動で
「エクトプラズム 怨霊の棲む家」を観ました。



高橋の評価 : ★★★★☆
部員の平均 : ★★★★☆

 ■ あらすじ

1987年、コネチカット州北部の町サジントン。サラ(バージニア・マドセン)とピーター(マーティン・ドノバン)のキャンベル夫妻は、息子マット(カイル・ガルナー)のガン治療のために、メリデン・アベニューの長い間誰も住んでいなかった家に引っ越してくる。一見、魅力的なビクトリア朝式の造りの家。だが入居して間もなく、彼らはその家の不気味な過去を知る。家の裏にある小さな墓地、地下室には死体防腐処理設備。そして、不気味な死体の写真で一杯の引き出し。そこは、1920年代に信じ難い活動が行われていた葬儀場だったのだ。だがそれだけではなかった。当時の家主の息子ジョナは透視能力を持ち、悪魔の使いのような役割を果たして、死者にこの世への門を開いていたというのだ。その事実が判明したのとほぼ同時に、一家は常識では説明できない超常現象を体験し始める。奇妙な物音や気温の変化、正体不明の人物の出現……。精神的にも肉体的にも追い詰められていく一家。そしてついに、死者と通じていたジョナがキャンベル一家の前に出現。サラはポペスク牧師(イライアス・コーティアス)の助けを借りて、この危機に立ち向かおうとする。だが、ジョナは地獄のような恐怖をもたらし、一家に想像を絶する戦慄が襲い掛かる……。 (goo映画引用)

続きを読む >>
| 洋画あ行 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 レビュー:悪魔のいけにえ1
怒涛の連続レビューうP。
前に見たホラー映画の消化じゃあああい!
あ、どうも、川崎です(*´▽`*)

最近意外な人からの映画見よーという誘いで見た映画のレビューかきます!

映画のタイトル「悪魔のいけにえ1」

川崎の評価 : ★★★★★
部員平均点 : 未評価



■あらすじ
旅行中の若者たちがテキサスの片田舎でふと立ち寄った一軒家で出会った殺人鬼一家。実際に起きた事件を基に、これが商業デビューとなったフーパーが、アングラ的な中にエキサイティングな演出を見せて観る者を圧倒させる。レザーフェイスと呼ばれる、人の顔の皮を被り電動ノコギリをふりかざす大男の存在感と、狂気に溢れた幕切れのショック!



■感想
さすがホラー映画の代名詞。

すんげー面白かった!!!!\(^o^)/

あんまり私洋画とかスプラッタ系好きじゃないんだけど、これはすごく好きだ!
ただ殺される、惨殺されるとかスプラッタによくある感じじゃなくて、狂ってる感じが全面に出ててたまらないですね(*´ω`*)
生身の人間に追いかけられるのがこんなに怖いと思うのもそうそうないけど、レザーフェイス、体格に似合わずすげー速さで追いかけてきます。デンノコボーイとか言ってたが、まじ怖い。(笑)
これは面白いのでぜひ見るべきだ!
古い映像だけど、楽しめました。ただグロさだけを押してる作品じゃなかったからかな?
テキサスチェーンソービギニングとかリメイク物に手を出すよりは、先にこれを見るのをお薦めします!



以上、まとまらない川崎レビューですた\(^o^)/





| 洋画あ行 | 07:32 | comments(1) | trackbacks(0) |
 レビュー:悪魔のいけにえ2
最近見た映画のレビュー、こんな時間ですがまとめて上げてしまおう川崎です\(^o^)/
じゃがりこバーベキュー味うますぎ。
1日じゃがりこ2つは消費してる。
くいすぎ(^q^)

映画のタイトル「悪魔のいけにえ2」

川崎の評価 : ★★★☆☆
部員平均点 : 未評価



■あらすじ
ラジオ局のDJが受けた一本のリクエスト電話は、途中から阿鼻叫喚の殺人シーンの中継となった!
事件の捜査に乗り出したDJと、かつてチェーンソー殺人者に甥を殺された保安官はハイウェイの側に建つ古い遊園地に潜入する。だが、そこは人肉を料理して街で売る、狂気のチェーンソー殺人一家が支配する地獄だった!



■感想
いや〜(*´▽`*)

悪魔のいけにえシリーズ面白い。
2は1に比べてコメディ要素が強い感じがしますが、充分楽しめます。
でも1を見てないと、「ん?どうゆうこと?これ誰?」みたいなことになるかもしれません。
初めのレザーフェイスが操るミイラの死体は1のヒッチハイカーで、
名前は忘れましたが頭がプレートの人は、ヒッチハイカーの双子らしいです。
1の時は病院に入院中だったという設定だとか。
これ知るまで設定が全く理解できませんでした(笑)

2は1に比べて、レザーフェイスの人間的なものが深く感じることができます。
女の人に恋して踊ったりだとかしてます。1の時のあの冷徹さどこ行った\(^o^)/(笑)
毎回のシリーズで出てくるおじいちゃんはやっぱりいい味出てます。(笑)
これ面白いー。ホラーっぽい、ミュージカル見てる気分になってきます。
私的にはこんな感じの狂った感が好きだったけど、私的に3が星2つだとしたらこれは星3つかなー。
でも怖さで言ったら星2の評価。

以上、だらだらとまとまらない川崎レビューでした\(^o^)/




| 洋画あ行 | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 レビュー:悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲
JUGEMテーマ:映画
 
 
どうも。副部長の方の高橋です。
昨日仙台に車で遊びに行ってきました。
車の中はいつもにも増してドンチャン騒ぎしていたので
たぶん外の人にまで丸聞こえだったでしょう。
窓開いてたし。
また車で遠くまで行きたいです。

さて、
先日珍しい人から「映画観よう。」とのお誘いがあり急遽出かけてきました。
急すぎて集合時間は深夜2時です。
途中パトカーに尾行されました。これだからスエットで出かけるのは嫌です。
無駄話が過ぎました・・・。
それで
悪魔のいけにえ レザーフェイス逆襲
を観ました。

高橋の評価 : ★★★☆☆
部員の平均 : 未評価



 ■ あらすじ
カリフォルニアからフロリダまで旅行中のミシェル(ケイト・ホッジ)とライアン(ウィリアム・バトラー)は、テキサスの ガソリンスタンドに立ち寄った。
しかしそこはソーヤー一家の住処だった。
しばらくすると、行く手に人皮マスクをかぶってチェーンソーを振り回すレザー・ フェイスとそのファミリーが現れた。ライアンは彼らに切り刻まれて死んでいく。
ライアンの虐殺される姿を見てミッシェルは絶叫した。
近くにいたベニー(ケ ン・フォース)がその声を聞きつけ、ベニー、ミッシェル、レザー・フェイスファミリーのサバイバル戦が始まる。
(wikipedia引用)



 ■ 感想
お酒を飲みながらだったので記憶があいまいですが、ご了承ください。

テキサスチェーンソーとしてリメイクされているシリーズ「悪魔のいけにえ」。
オリジナルシリーズはこの作品を含め4作品。
リメイクシリーズは2作品となっています。
自分はこのシリーズの中では「テキサス・チェーンソービギニング」と「悪魔のいけにえ」を観ています。
「悪魔のいけにえ3」は他の作品から独立した作品で。
「悪魔のいけにえ」「悪魔のいけにえ2」の続編ではないです。

悪魔のいけにえシリーズの中では駄作と言われている作品ですが
それでも十分に楽しめる作品でした。

家族構成に今回は幼女とイケメンが加わっていたので
ジェラシーを感じずにはいられませんでした。
イケメンと幼女が泥臭いこのシリーズにいるのは新鮮。フレッシュ。プリキュア。
幼女が意味深な行動をいくつかとっていて次回作に対する伏線かと思いましたが
4作目は完全オリジナル作品らしいので、どんな意味を持っていたのか・・・。

個人的に残念だったのは殺される人数が少なかったこと。
モンスターアクションなどでも言えることなんですが
やっぱりこういうジャンルの映画は殺人シーンがあってなんぼだと思うので
明らかに登場人物が少なくて殺される人数も少ないだろうなぁとか思うと冷めてしまいます。
あ、いや病んでるわけではなくてホラー・スプラッターファンとしての意見です。
それに加え、今回は主人公側も報復する場面が多かったので
ドロドロのバッドな展開を予想していた自分にとっては肩すかし的な感じでした。

そんなわけでもうちょっと過激なシーンを求めていた自分の評価は
★2ぐらい!でも面白かったので★3に格上げで。

このシリーズの中では観終わったあとにモヤモヤした感じが残るのがない作品だったので
他作品を観る勇気が湧かない方などまずこの作品から入ってみてはどうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------

先週から木曜日の映画鑑賞の活動に加え、他の曜日に映画制作・学校祭の話し合いの日を設けています。
今後はそちらの活動の日記もつけていこうと思うのでよろしくお願いします。
夏休みには合宿も考えています。暑さに負けずに行きましょう。
高橋でした。













人気ブログランキングへ
| 洋画あ行 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1 / 1 PAGES | | ▲TOPへ